So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

解独

gedoc.jpg
その昔、Windows98上でMicrosoft VC/C++ 6.0にて作成しHPで公開していた
数独解析プログラムを変更しようと思ったのですが・・・。
一気にWindows 10上でVisual Studio 2017を用いて生成してみました。
環境を整える(SDK関連)のに手間取りましたがリソース以外修正すること
無しに動作しました。これで改造できる!
ちなみに確認したところ、Winsows XPでは起動しませんでした。


デスクトップ1_001.jpg
基本的なAPIしか使用してないのでWineでも動作します。


デスクトップ1_002.jpg
こちらもリビルドしてwineで動作しました。


GedocUni01.jpg
うちのフリーソフトにフリーフォントを合体させればこんな曼荼羅ちっくに。

GeDoc003.jpg
サロゲートペアも使えますので絵文字でナンプレも。
絵文字のカラー表示は現在未対応です。

GedocUni02.jpg
フォントさえ有れば絵文字は Windows 7でも表示できます。
カラー絵文字はWindows 8.1以上です。

GedocBitMap01.jpg
ビットマップ表示のテスト。FreeTypeを使ってみようかな。

GedocUni05.jpg
FreeTypeは扱いが難しいです。カラー絵文字表示するのにlibpngが必要なのですが
そちらの生成が失敗するし・・・。
Visual Studioの設定変更してやっとカラー絵文字対応のFreeTypeができましたが
使い方がまた大変な模様です。
どうやらFreeTypeはseguiemj.ttfをカラーフォントとして認識していない模様。

SegoeUIEmoji.jpg
ということで「seguiemj.ttf」を解析してみたところ、FreeTypeの言うカラーフォントとは
全く違う構造であることが判明しました。うんベクトルデータがカラーごとにあるようだ。
COLR/CPALテーブルを取得してパースしなくてはだめらしい。調査中!

GedocUni07.jpg
やっとWindows 7でカラー絵文字が使えましたとさ。
でもこれって慣れるまで無茶難しくなってしまったのです。
GedocUni08.jpg
なんか楽しい。他のカラー絵文字フォントは対応考察中です。
GedocUni11.jpg
これなら絵文字でも簡単ですね。

GedocUni12.jpg
候補画面。頭が痛くなりそう。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。