So-net無料ブログ作成
検索選択

KonaLinux 4.0 blackjack (6/14版) [Linux]

デスクトップ1_001.jpg
最早何が変わったのか不明です。
6/13版は抹消されているし、いなかったことになってる?
そうか、6/13版は再起動後にupdateが来たけれど、こちらは来ない。
pkgadd.sh後で最新状態になっているのか。

> konalinux-4.0-pro_x86_64.iso 2017-06-15 08:07 3.8G
Proはインストールする前に更新されてしまった。

Fedora 26 Beta 1.4 [Linux]

やっとテストできる時間ができました。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_10_48_43.jpg
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_10_50_43.jpg
Live起動。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_01_08.jpg
インストール終了。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_02_05.jpg
インストーラを終了させてもLive状態ですので自分で再起動します。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_04_02.jpg
DVD手動排除でgrub画面。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_05_46.jpg
ログイン画面。デスクトップが何か判ります。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_07_29.jpg
毎度のGNOME初期設定。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_08_40.jpg
更にGNOMEヘルプ。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_12_48.jpg
リリース情報等。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_16_42.jpg
うわぁ、多すぎ。(dnf update 実行)
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_23_53.jpg
何故か行き詰まった様です。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_11_26_29.jpg
やっちまった。仮想HDDサイズ増やすの忘れてた。orz
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_14_23.jpg
再インストールしてupdateしてspinでMATE導入して再起動。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_16_20.jpg
VirtualBox Guest Additionsを導入。やはりエラーが出る。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_20_21.jpg
一見headerファイルがないように思えますが、実際はkernel-develの方です。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_29_40.jpg
各種設定中。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_31_43.jpg
日本語パッケージだけかな。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_34_44.jpg
Fcitx-Mozcがありません。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_40_02.jpg
どうも言語設定で、iBus-kkcが導入される模様。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_49_10.jpg
iBus-Mozcを入れておきましょう。
VirtualBox_Fedora26_14_06_2017_12_51_33.jpg
Fcitxは上手く動作しないなぁ。

Manjaro 17.0.2-pre7 KDE [Linux]

rc1の後にpre7だそうです。この時間帯はいつダウンロードが終わるか不明です。
うわぁ、ダウンロート中にサイズが増えてる・・・。アップロード中なのか。
Fedora26 βも来た。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_22_53_53.jpg
確かにpre7ですね。インストールは略。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_23_06_43.jpg
起動。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_23_07_39.jpg
なんか増えてる。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_23_09_19.jpg
FrameworksとQtが変わってますね。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_23_12_49.jpg
言語パッケージのインストール表示が変わりました。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_23_31_13.jpg
日本語IM周りに変化なし。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_23_35_23.jpg
Cantata Music Player Clientって、まさかKonaLinux 4.0 BlackJack
操作用のmpdですか?
うがぁ、JackAudio モード設定でテキストモードにしたらBJが起動しない・・・。
Samba SMB Daemonをスタートしたところで停止してログインが出ない。
あぁ、LightDMでオートログインにしたままだったかぁ。これって死亡状態かな。
lightdm.confを書き換えても起動しないなぁ。6/13版BlackJackインストールするか。
理研ミラーからダウンロード中。

うわびっくりした。何故午前0時とともにネットから切り離されたんだ?

何方かコヒーを啜っている継ぎ接ぎだらけの無免許外科医さんの壁紙を
持っておられるか方、いらっしゃいませんか?
USBライブ起動。これは某憂鬱なアニメにも使われたBGM。
KonaLinuxをインストールした回数がもう記憶に無いくらいに・・・。
いつも思う、何故最初の起動時だけDVDアクセスしまくるのか?
デスクトップ1_001.jpg
ブラックジャック先生再来。再起動すれば60件のアップデート・・・。
VirtualBox_Manjaro1702_14_06_2017_01_22_34.jpg
そしてManjaroがBlackJackのクライアントになりました。

Fedora 26 Beta 1.4 この時間にダウンロードすると平均13MB/sくらいでる。

> konalinux-4.0-blackjack_x86_64.iso 2017-06-14 11:28 1.7G
まだ何かあるのですか?

更にManjaroのpre8が公開されました。

> konalinux-4.0-pro_x86_64.iso 2017-06-14 21:03 3.8G
こっちも更新された。

Qt 開発ツール [Linux]

そう言えばデフォルトで開発環境にQtが入っているLinuxがいくつか有ったはず。
VirtualBox_openSUSE422_13_06_2017_09_43_16.jpg
openSUSEにはQt Designer が入ってます。
VirtualBox_openSUSE422_13_06_2017_09_46_07.jpg
まぁ英語版ですけれど。マルチプラットフォーム・マルチ言語対応で
日本語化出来るはず。日本語化はどうすれば?見つからない。

VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_13_06_2017_09_53_25.jpg
PCLinuxOSのQt Linguist は日本語化されてますね。
でもこれアプリの翻訳ツールだそうです。

もっとQt開発ツールが並んだLinuxが有ったよなぁ。何だったけ?
VirtualBox_Antergos176_13_06_2017_10_00_46.jpg
そうそう、こんな感じで。Antergosでした。
VirtualBox_Antergos176_13_06_2017_10_03_03.jpg
やはり英語です。
VirtualBox_Antergos176_13_06_2017_10_04_32.jpg
そこは日本語でお願いします。いえ、これはQt4 Designerなんですよ。Qt4専用。
VirtualBox_Antergos176_13_06_2017_10_09_22.jpg
Qt Assistant もQt4の方だけが日本語ですね。
きっとQt5版は日本語化されてないに違いない。

VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_10_15_40.jpg
あっ、ManjaroのQt Designer が日本語化されてる!
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_10_19_39.jpg
5.8の日本語版ですね。
VirtualBox_Manjaro1702_13_06_2017_10_24_37.jpg
リポジトリにQt Designer とか日本語化パッケージがあると期待したのですが
無いようですね。何処から導入したのでしょう。isoにしかない?

VirtualBox_KDEneon510_13_06_2017_10_40_00.jpg
灯台下暗し。KDEneonはOfficeも入ってないから開発ツールなんて
とは思いましたが、元祖KDEですね。日本語版が入ってる!
VirtualBox_KDEneon510_13_06_2017_10_42_43.jpg
5.7.1ですけれど。

さてQt Creatorが入ったLinuxは無いのかな。(「自分で落とせ」らしい)
Debian系の鳥は開発ツールがまず入ってませんね。Debianそのものの
メニューに「開発」なんて項目がないですし。KonaLinux 4.0 Proは異端か。

Debian HPにて [Linux]

> 注意: 原文はこの翻訳よりも新しくなっています。
これ原文を読めと仰りますか。
原文って英語じゃないの?違いが判りません!
確かに一番下にあるタイムスタンプは違いますけれど・・・。

> 最終更新: 2016 年 7 月 5 日 (火) 04:23:52 UTC
> Last Modified: Thu, Jun 8 15:25:09 UTC 2017
違いすぎる。

Fedora HP
> 一般公開のBeta リリース 2017年06月13日
日本時間でいつ頃でしょうね。

Eclipse IDE [Linux]

KonaLinux 4.0 Proのメニュー「プログラミング」にはEclipse IDEのインストール
という項目があります。ちょっと見てみようかとクリックしたところ
デスクトップ1_001.jpg
インストールメニューが起動します。これ全部入れたら大きすぎるから
こんな仕様になっているのでしょうか。c/c++を選んでインストールしました。
eclipseを起動すると英語版です。きっと日本語化する方法があるに違いないと
思いググったら見つかりました。目的物をダウンロードして紹介ページの
指示に従うとエラーになって起動しません。日本語化セットに中にあるドキュメント
より正しい手順で設定すれば、日本語で起動するようになりました。
紹介ページは手段が古かった模様です。
デスクトップ1_002.jpg
さて使い方学習せねば。
デスクトップ1_003.jpg
基本的なところはそう変わらないか。
そういえば、実行ファイル「eclipse」がメニューに登録されません。
自分で設定するのかな。コマンドオプションがあるからコマンドラインから?

Tanglu 4.0 [Linux]

Debianベース、ドイツ製のTangluのisoが更新されました。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_30_40.jpg
日本語指定ができますね。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_31_53.jpg
Live起動。壁紙でKDEの(略)。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_32_14.jpg
しっかり日本語でLiveしてます。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_32_36.jpg
KDEはLTS版ですね。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_33_12.jpg
見慣れたインストーラだけど手が入ってますね。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_39_28.jpg
インストール中。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_44_39.jpg
再起動。DVD自動排除、grub画面なし。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_45_21.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_47_28.jpg
Liveが日本語で動くくらいですので、しっかり日本語化されてます。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_51_18.jpg
jessieベースでした。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_08_54_11.jpg
えっ、デフォルトでsudo使えるのか。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_09_00_55.jpg
Synapticを導入して、日本語IMを導入。rootのpassが未設定なので
先に登録しておきましょう。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_09_06_05.jpg
LTSでもこのパターンがあるのか。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_09_08_41.jpg
そしてQt5対応済み。やはり標準とは違うか。
VirtualBox_Tanglu4_12_06_2017_09_10_37.jpg
46っていつごろの版でしたっけ。
リポジトリも上の状態だし、結構独自部分があります。

Manjaro 17.0.2-rc1 KDE [Linux]

さてRCは幾つまで出るのでしょうか?
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_11_41_48.jpg
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_11_43_54.jpg
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_11_44_20.jpg
まぁ見た目の変化は見つかりませんので以下略。
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_11_55_15.jpg
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_11_56_53.jpg
KDE 5.10.1になってます。
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_12_01_45.jpg
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_12_03_53.jpg
日本語IM処理。
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_12_06_23.jpg
予想通り変化なし。
VirtualBox_Manjaro1702_11_06_2017_12_08_31.jpg

ラテン表記サンスクリット変換 [Linux]

ラテン表記で記述されたサンスクリットUTF-8テキストファイル
デーヴァナーガリーのUTF-8ファイルに変換するアプリを作ってみました。
なお、デーヴァナーガリーの表示はAp梵字悉曇弐式にしてあります。
LatinaToDevanagari_003.jpg
起動画面。
LatinaToDevanagari_004.jpg
メニューは、ファイルからの読み込み、データ変換、ファイルへ書き込み、終了です。
LatinaToDevanagari_005.jpg
参考として光明真言のラテン表記ファイルを読み込みました。
LatinaToDevanagari_006.jpg
Applyでデーヴァナーガリーに変換された結果をAp梵字悉曇弐式で表示します。
変換結果をUTF-8形式でファイルに保存できます。
UTF-16ならunicodeのままで扱いやすいのですが、UTF-8は英語圏
優先しすぎ。1バイト文字から6バイト文字まで有って処理が面倒です。
LatinaToDevanagari_007.jpg
あのテキストも、
LatinaToDevanagari_008.jpg
こんな感じに。まだ不完全な部分発見。
LatinaToDevanagari_009.jpg
修正しました。
LatinaToDevanagari_003.jpg
バイナリをそのままnatureOS 3.0にコピーして動作確認。
DebianベースとUbuntuベースの互換性は高いようです。
Arch系とかRedHat・Gentooならコンパイルするだけで動くかな。

VirtualBox_Manjaro1702_10_06_2017_14_44_12.jpg
Manjaro 17.02 pre6ではコンパイルするだけで動作しました。
ただし、まだフォントを入れてなかったので通常デーヴァナーガリーです。

Sabayonにはgccが入ってない?Gentooは基本ソース導入なんじゃ?
あぁ、マジか。sudo equo i gcc が実行できている。
VirtualBox_Sabayon1705_10_06_2017_14_59_42.jpg
gccを導入。gtk+も無いのでしょうか?そう言えばGIMPが入ってない。
VirtualBox_Sabayon1705_10_06_2017_15_14_36.jpg
動作確認。

VirtualBox_Fedora251_10_06_2017_15_20_14.jpg
fedora25にはgtk+-3.0がないらしい。
VirtualBox_Fedora251_10_06_2017_15_23_54.jpg
入れてみる。gtk3-develの方か。
VirtualBox_Fedora251_10_06_2017_15_30_47.jpg
動作確認。

VirtualBox_openSUSE422_10_06_2017_15_38_41.jpg
openSUSEにもgtk+-3.0がないらしい。
VirtualBox_openSUSE422_10_06_2017_15_43_46.jpg
導入しようとするとYaST2が落ちます。orz
動作が不安定になったので中止。


LatinaToDevanagari_010.jpg
改造しました。表示フォント指定機能が付きました。
LatinaToDevanagari_011.jpg



さて、このプログラムの一般的な使用方法。

Wikipediaの「真言」を検索すると結構な数の真言が記述されています。
デスクトップ1_012.jpg
しかし、残念ながらそこにあるのはその読みとローマ字表記。梵字はないのです。
デスクトップ1_019.jpg
そこでWikiから見たい真言をCopy and Pasteで複写します。
デスクトップ1_001.jpg
メニューの「Convert」を実行すれば、これがデーヴァナーガリーに変換されます。
デスクトップ1_005.jpg
さらにメニューの「Apply」でフォントを変更します。
デスクトップ1_006.jpg
これで目的の真言が梵字悉曇で表示されます。
保存すればデーヴァナーガリーテキストファイルとして残せます。
デスクトップ1_007.jpg
また、ここからCopy and PasteでOfficeソフトへ複写も出来ます。

LatinaToDevanagari_004.jpg
メニューを改善しました。

あれ?MinGWとgtk+ for Windowsを使ったらWindowsでも動くのか?

KonaLinux 4.0 Pro上でLibreOffice Writer 5.2.7.2 で源ノ明朝を指定して
印刷すると一部飛んだり化けたりするのは何故だろう。他のフォントや
源ノ角ゴシックは全く問題ないのに。

gtk_font_selection_dialog_new()を使うと親ウィンドウの指定がないから
コンソールにwarningが出力されてしまいます。指定できないなら別の
関数を使ってみようかとgtk_font_chooser_dialog_new()に変えてみました。
LatinaToDevanagari_004.jpg
こちらは妙なwarningが出たりしません。

KonaLinux 4.0 Pro (6/9版) [Linux]

> konalinux-4.0-pro_x86_86.iso 2017-06-09 08:42 0
理研ミラーです。ミラーミスではないのです。オリジナルも・・・。
メインマシンのProを更新しようかと思ったのですけれど。
これってx86_86なので、前にも有った謎ファイルですよ。

> konalinux-4.0-pro_x86_64.iso 2017-06-08 10:49 3.8G
本物はこちらです。

管理人さんに連絡が届いたらしくsimosnet.comの方は消去されました。
> konalinux-4.0-pro_x86_86.iso 2017-06-10 06:21 0
復活してる。

ArchBang 080617 RC [Linux]

6/8版のisoが公開されました。
VirtualBox_ArchBang_09_06_2017_08_46_04.jpg
見た目の変化はないようです。
VirtualBox_ArchBang_09_06_2017_08_48_02.jpg
今回もsudo gpartedでパーティション生成。
VirtualBox_ArchBang_09_06_2017_08_48_23.jpg
インストーラ起動。
VirtualBox_ArchBang_09_06_2017_08_54_07.jpg
インストール完了。
VirtualBox_ArchBang_09_06_2017_08_54_47.jpg
再起動、grub画面。DVDは手動排除。
VirtualBox_ArchBang_09_06_2017_08_55_15.jpg
ログイン画面が出る時は駄目なような。
VirtualBox_ArchBang_09_06_2017_08_55_36.jpg
今回もVertualBoxではデスクトップが起動できないようです。
archbang01.jpg
VMwareなら起動できましたが、解像度が800×600固定です。
archbang02.jpg
メニューは日本語化されてます。右下の時計は何処の時間なんだろう?
archbang03.jpg
日本語は表示できるようですね。VLGothicフォントを追加。
archbang04.jpg
ユーザフォントに登録すれば表示が見やすくなります。
以前と同じように /etc/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf を作成したのですが・・・
今回は画面が真っ黒でデスクトップが表示されませんでした。orz

KDE neon 5.10.1 iso [Linux]

> neon-useredition-20170608-1018-amd64.iso
やっとダウンロードが終わりました。
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_00_00_32.jpg
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_00_01_47.jpg
インストールします。
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_00_04_49.jpg
そしてクラッシュしました。何故だぁ!
sha256でハッシュ一致しているし・・・、英語でインストールしても同じです。
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_00_11_47.jpg
再起動してやり直してもPythonのエラーで落ちるようです。
neon5101.jpg
VMwareでも同様ですね。

> neon-useredition-20170608-2351-amd64.iso
早速更新されました。
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_14_43_06.jpg
修正されたようです。インストール中。
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_14_50_44.jpg
無事インストールできたようです。
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_14_53_22.jpg
LibreOfficeを導入しようとコマンドラインでもなく、Synapticでもなく
ソフトウェアセンターを立ち上げて検索したら「Hindi Unicode Font」が
出てくるのですが、専用フォントなの?
VirtualBox_KDEneon_09_06_2017_14_58_44.jpg
そして見事に元に戻ってます。儚い夢だったんだ。
これって変更点に問題が有ったって事ですよねぇ。

LinuxMint 18.2 KDE Beta [Linux]

KDE版もチェック
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_10_29_56.jpg
KDEはLTS版ですね。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_10_32_03.jpg
KDE版はMintインストーラじゃないのです。まぁいつもの事。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_10_34_30.jpg
これ作成中?絵があったはず。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_10_49_06.jpg
SDDMのログイン画面。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_10_54_34.jpg
起動すればWelcome表示。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_11_01_59.jpg
KDEが5.8なので不具合はありません。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_11_03_55.jpg
os-releaseのVERSIONがどのデスクトップも18.1のままなのですけれど。

LinuxMint 18.2 Xfce Beta [Linux]

KDEとXfceのβ版チェックが終わりisoファイルが公開されました。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_09_03_12.jpg
Live起動。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_09_06_03.jpg
インストール中。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_09_21_03.jpg
起動すればWelcome表示。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_09_23_30.jpg
通常更新以外にkernelも来てます。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_09_29_40.jpg
リリース情報など。
VirtualBox_LinuxMint182Cin_08_06_2017_10_23_38.jpg
ubuntuのリポジトリもいい加減LibreOfficeの5.2か5.3にあげてくれませんかねぇ。

BluestarLinux 4.11.3 [Linux]

VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_00_09_25.jpg
kernel のマイナーアップだけでなく、KDEも最新になってます。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_00_12_13.jpg
壁紙も夏用でしょうか。ドックの表示が変わってますね。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_00_13_41.jpg
インストーラも前回同様改良型ですね。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_00_15_38.jpg
先頭画面以外は普通です。又も句読点の位置が変ですけれど。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_00_21_34.jpg
詳細画面って93%越えてから出たんだっけ?
あぁ、パーセント表示の進み方がおかしくなっている模様。設定ミスっぽい。
あら、KDE Plasmaが5.10.1にあがってる。ってKDEneonのisoより早いとは。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_28_44.jpg
超長い93%がやっと終わりました。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_30_49.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_32_04.jpg
起動。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_33_45.jpg
毎度の英語版なので日本語化。タイムゾーンは問題ありません。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_43_45.jpg
iBusに大量の言語ごとのIMが詰まってますので日本語だけにします。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_46_43.jpg
iBus-Anthyで日本語入力できます。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_48_24.jpg
透過型のメニューはちょっと見辛いですね。
VirtualBox_BluestarLinux_08_06_2017_01_50_07.jpg
恒例Kinfocenter。

KonaLinux 4.0 (6/7版) [Linux]

VirtualBox_KonaLinux4_07_06_2017_09_18_57.jpg
Live起動。
VirtualBox_KonaLinux4_07_06_2017_09_30_42.jpg
インストール後起動。パッケージ追加。
VirtualBox_KonaLinux4_07_06_2017_09_31_06.jpg
処理中。問題点通過を確認。
VirtualBox_KonaLinux4_07_06_2017_09_33_32.jpg
無事終了。
VirtualBox_KonaLinux4_07_06_2017_09_40_34.jpg
再起動。更新パッケージの量で時期を察し。
VirtualBox_KonaLinux4_07_06_2017_10_02_34.jpg
変更内容の確認。
VirtualBox_KonaLinux4_07_06_2017_10_05_39.jpg
仮想マシンからだとLAN上のSambaが見えないのか。

デスクトップ1_003.jpg
こちらも無事終了。
デスクトップ1_004.jpg
テキストファイルを読み込んで画面表示するのに結構悩んだりして。
unsigned char って何バイト単位なんだろう。sizeof(unsigned char)を
チェックしておかないと変換時に笑いそうだ。8bitらしい。
コンバートプログラムはunsigned shortで16bit単位で処理してた。
UTF-8面倒だなぁ。UTF-16にしたら駄目かなぁ・・・。
(gtk+の内部処理がUTF-8なのです。)
64bitコンパイラでも同じかぁ。> unsigned short
x64の64bitレジスタってRAXなんだ。RAHとかEAHは使えないから
もったいないなぁ。128bitのSSEレジスタも使えそうだな。x64の
アセンブラでも使ってみようかな。
でだ、gcc x64 の int は何bitなんだ? 64bitだよね。
あぁ、やっぱり32bitなんだ。互換性から考えたら仕方ないか。
デスクトップ1_005.jpg
UTF-16ならそのままコンバートできるのに。
デスクトップ1_006.jpg
この画面編集可能だから、直接Officeにコピー&ペースト出来たんだ。
変換結果を見て気がついた。Wikiの「真言」での光明真言のローマナイズド表記は
一箇所間違ってます。Wikiの「光明真言」は梵字とデーヴァナーガリーで表記なので
問題なし。
デスクトップ1_007.jpg
表示フォント指定ができるようなりました。

> konalinux-4.0-pro_x86_86.iso 2017-06-09 08:42 0
なんかやっちゃいました?サイズゼロですね。> simosnet.com

KaOS 2017.06 [Linux]

隔月刊KaOSの六月号isoが公開されています。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_04_18.jpg
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_06_05.jpg
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_07_22.jpg
流石KaOS、KDEは5.10を搭載しています。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_11_01.jpg
Calamares起動。日本語表示はありません。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_13_23.jpg
インストール中。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_21_07.jpg
再起動。DVD自動排除なし。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_22_41.jpg
ログイン画面。ユーザ選択をしないと進みません。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_24_42.jpg
起動しました。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_26_14.jpg
更新から。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_28_42.jpg
日本語化。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_30_19.jpg
この設定は追加された?
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_32_29.jpg
リログインでKDE日本語表示。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_33_35.jpg
Kinfocenter。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_35_27.jpg
必要最低限表示か?必要なパッケージはインストールされます。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_44_11.jpg
~/.xprofile追加。リログイン。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_46_39.jpg
日本語IM動作確認。
VirtualBox_KaOS_06_06_2017_09_48_29.jpg
Kwriteでも問題なし。
このところ安定していて安心なKaOSです。

KonaLinuxによる開発環境 [Linux]

KonaLinux 4.0 Proが仮想マシンに入ってますが、やはりちょっと動きが鈍い。
そこで先日LinuxMintを導入したPentiumDマシンのHDDを引き抜いて
メインマシンに入れて、そこに導入しようと思ったのですが、もうisoファイル
残っていない。理研のミラーサーバから落とそうとしましたが時間帯が悪く
しばらく終わりそうにありません。残っているisoファイルはJackとBlackJack。
試しにJackを導入してみました。
デスクトップ1_001.jpg
インストールは問題なかったのですが、パッケージの追加中にスクリーンロック
起動、解除したらパッケージ追加まで飛んでしまいました。これ再起動してやり直し
ですよねぇ。Proのダウンロードはまだしばらく掛かりそうです。
ぎゃ、これ仮想マシンと同じで起動に妙に時間が掛かるパターンだぁ。起動遅すぎ・・・。
もしかしてXeonはダメなんでしょうか。
うぅ、パッケージ追加は起動するのですが処理途中で切れる状況に。ターミナルが
消えるので何故アボートするのか見極められない。
仕方がないので手作業で起動。なんだこれ?flashplugin-nonfreeのところで落ちてる。
こうなれば全て手作業でやってみますか。
作業中にProのダウンロードが終了。どうなることやら。
Proでも同じですね。
デスクトップ1_001.jpg
これまで、こんなエラーで抜けたこと無いような気がしますが。
libflashplayer_64.soを取り込んで、あとはVLCとVivaldiかな。
(6/7より順次対応isoが公開されています。)
デスクトップ1_002.jpg
Anjutaの学習中。
libtoolが入っているはずなのに無いって怒られますね。なぜなんだろう。
libtool-binを入れたらエラーが出なくなりました。
UbuntuベースとDebianベースとの違いなのか、gccが5と6で違うのか、
動作がこれまでの環境と違うのです。

Manjaro 17.0.2-pre6 [Linux]

もはや何をしたいのか・・・。
VirtualBox_Manjaro1702_05_06_2017_10_29_18.jpg
VirtualBox_Manjaro1702_05_06_2017_10_31_03.jpg
VirtualBox_Manjaro1702_05_06_2017_10_31_41.jpg
VirtualBox_Manjaro1702_05_06_2017_10_38_43.jpg
起動。
VirtualBox_Manjaro1702_05_06_2017_10_40_21.jpg
やはりここでしょうかねぇ。
VirtualBox_Manjaro1702_05_06_2017_10_52_47.jpg
リリース情報等。
VirtualBox_Manjaro1702_05_06_2017_10_57_26.jpg
日本語IM動作確認。環境変数追加処理必要なし。

Sabayon 17.06 (謎) [Linux]

VirtualBox_Sabayon1705_04_06_2017_11_37_06.jpg
知らせを頂き確認したところ、こちらも謎のメッセージ確認です。
訳がおかしいのか、元々妖しいメッセージなのか。
VirtualBox_Sabayon1705_04_06_2017_11_41_33.jpg
普通のupdateはいつも通り。

VirtualBox_Sabayon1605_04_06_2017_13_32_56.jpg
これは16.05からupdateし続けている方の仮想マシン。
リリース情報が17.04で止まっているのです。