So-net無料ブログ作成

konalinux 4.0 blackjack [Linux]

> Kona Linux 4.0 blackjack リリース
予告されていたブラックジャックが公開されました。
実機インストールしないとテストできないけれど、USBメモリにインストールする
と言う手がありますよねぇ。
kona4bj01.jpg
Live起動。画面サイズ変更。Liveから詳細表示ですね。
kona4bj02.jpg
インストーラに変更等無さそうです。下部バーの左の方に有る青い球が・・・。
kona4bj03.jpg
再起動。
kona4bj04.jpg
仮想マシンだと妙に起動が遅いのは変わりません。
kona4bj05.jpg
ログイン画面。
kona4bj06.jpg
パッケージの追加。
kona4bj07.jpg
強烈なワーニング嵐とリアルタイムkernelのお勧め。
kona4bj08.jpg
インストール完了。
kona4bj09.jpg
再起動すると来る更新。Unicode関連が来る季節ですか。
kona4bj10.jpg
切られたかぁ。
kona4bj11.jpg
サウンド関係もごっそり削られました。この後はキャプチャのない世界へ。
起動音楽、そう来たか。あまりにも聞き覚えのある曲がぁ。
Dockyすら居ないのですね。ブラウザから音は出ませんが、動画は
再生されています。無音の動画状態。YouTubeもAbemaTVも動作してます。

> konalinux-4.0-blackjack_i386.iso 2017-04-19 18:56 1.3G
再手術されました。jack出力対応ブラウザが2つ追加されたそうです。
> konalinux-4.0-blackjack_i386.iso 2017-04-19 21:50 1.3G
何か有ったようです。
> konalinux-4.0-black_i386.iso 2017-04-21 15:07 1.3G
こちらも変更入りました。
> konalinux-4.0-blackjack_i386.iso 2017-04-22 02:13 1.3G
更新されてます。
> konalinux-4.0-black_i386.iso 2017-04-22 13:31 1.3G
> konalinux-4.0-blackjack_i386.iso 2017-04-22 02:13 1.3G
更に更新。blackjackにjack対応のmidori追加だそうです。
Otter browserとXombrero browserは削除ですって。
> konalinux-4.0-light_i386.iso 2017-04-22 16:29 1.4G
こちらも更新されてます。
> lightとblackのブラウザをchromiumへ
ということです。

Solus 2017.04.18.0 [Linux]

VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_42_38.jpg
新しいSolusはVirtualBoxで動作しました。良かった。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_43_12.jpg
インストーラは変わってないですよね。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_45_19.jpg
独自仕様?
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_46_28.jpg
インストール中。何か絵を入れて欲しいところ。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_51_58.jpg
終了です。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_54_48.jpg
DVD手動排出、再起動grub画面。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_56_22.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_57_26.jpg
日本語で起動しました。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_17_58_15.jpg
選択肢は2つだけ。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_00_15.jpg
実行できるようです。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_01_32.jpg
ヘッダーファイルがないか、開発環境がないか両方か。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_04_10.jpg
iBusは入っています。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_07_28.jpg
Anthyは有るようです。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_11_21.jpg
追加します。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_12_57.jpg
今度こそ必要だったはず。Ubuntu Budgieでは不要だったけれど。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_19_44.jpg
言語設定の方も追加して。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_18_27_16.jpg
う~ん、何が悪いのでしょう。日本語変換モードになりません。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_20_13_58.jpg
テキストエディタなら日本語入力できますね。アレの問題か。
LibreOffceってgtkを使っていたっけ。「sudo eopkg la」で
大量に出てきた。これファイルにリダイレクトしないと多すぎか。
VirtualBox_Solus_18_04_2017_20_25_18.jpg
ibus関連パッケージはこれだけ。

Terminology [Linux]

VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_13_53_47.jpg
もう一つ、表示に不満があるターミナルが有るのです。BodhiLinuxのTerminologyは
日本語の文字が変に小さいのでした。これデフォルトのフォントが欧文フォントで
日本語のグリフだけ他のフォントから借りて来ているのは明らかですよね。そこで
設定方法をググって驚愕しました。俺、Terminologyを全く使えてない。
なんと右クリックで設定ボタンが表示されたのです。もう単なるターミナル
エミュレータじゃないよね。動画すら再生するらしいよ。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_01_48.jpg
SettingsボタンでFont設定。これで日本語表示も違和感がなくなりました。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_04_30.jpg
テーマの設定。「nyanology」が気になる、物凄く気になる。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_06_55.jpg
壁紙設定。派手なものはターミナルには無理ですよね。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_08_39.jpg
それでだ、環境設定でVideo設定って何なのだ?バックグランドビデオか。
ターミナル上でビデオ再生するだけらしい。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_13_08.jpg
カラー設定。16進6桁のカラー指定なら得意なのですが・・・。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_15_52.jpg
Behavior設定。動作の設定ができるようです。てか項目多すぎ。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_17_49.jpg
キー設定。ショートカットキーをフルカスタマイズ。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_20_26.jpg
Helpers設定。これターミナルだよね。
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_22_11.jpg
Toolkit設定ってなんですか。何が始まるというのですか?
VirtualBox_BodhiLinux410_18_04_2017_14_25_07.jpg
Newボタンを押せばタグ付き2画面ターミナルに。縦分割や横分割、
マルチビューやらタイル表示。いったい何処を目指しているのでしょうか。
取り敢えず、Terminologyは凄かった。