So-net無料ブログ作成
検索選択

Salix 14.2.1 [Linux]

何が変わったのでしょうか。公式HPにはまだ紹介されていないのです。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_06_21.jpg
Live起動も日本語対応版です。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_08_37.jpg
起動。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_09_50.jpg
oneと問われればoneと答えます。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_10_03.jpg
いつものインストーラです。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_14_31.jpg
面倒な設定はありません。終了したら再起動。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_18_38.jpg
DVD自動排除、無停止再起動。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_20_30.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_21_42.jpg
起動しました。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_27_09.jpg
リポジトリの読み込みでエラーが出ます。リストが間違っているのか
サーバが停止しているのか不明です。従ってIMが導入できません。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_12_32_13.jpg
リリース情報など。

VirtualBox_Salix_12_04_2017_17_36_36.jpg
時間を置いて試してみましたが駄目のようです。URLが404ですねぇ。
仕方がないのでミラーサーバーを変更して実行ですね。
VirtualBox_Salix_12_04_2017_18_00_54.jpg
scim-anthyで日本語入力確認。
開発環境が入っていないためGuest Additions構築失敗です。

KaOS 2017.04 [Linux]

隔月刊iso更新の四月号が公開されました。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_06_06.jpg
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_09_37.jpg
見た目は変わって無さそう。Live起動でアップデートが3個ありますけど。
ちなみにupdateしようとするとパスワード問われます。「root」らしい。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_12_56.jpg
中身はしっかり更新されてます。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_14_36.jpg
KDEは日本語で起動していても、インストーラには選択肢にありません。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_16_55.jpg
えっ!インストーラエラー落ち。インストール前にOctopiで更新必須。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_41_28.jpg
2度めは無事終了。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_43_20.jpg
DVD排除してくれません。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_43_45.jpg
HDDから起動。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_45_23.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_46_25.jpg
何故?うはぁ、ユーザ選択必須。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_09_48_16.jpg
なんとか起動。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_09_25.jpg
まずは更新。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_11_19.jpg
言語設定してリログイン。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_14_12.jpg
KDEが日本語化されました。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_16_31.jpg
ちょっと足りないような気も。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_29_21.jpg
~/.xprofile にいつもの追加が必要でした。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_31_30.jpg
字体で一目瞭然、日本語フォントは入っていませんね。
リポジトリにも見つかりません。orz
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_36_13.jpg
KDEなのでツールは揃ってます。何時もの導入処理。システム設定も可能。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_38_43.jpg
あら?終わらないのですが・・・キャンセルしないと駄目かも。
キャンセルしても正常に登録されている模様。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_42_30.jpg
問題無さそう。
VirtualBox_KaOS_12_04_2017_10_44_15.jpg
KaOSはアプリが揃って普段のモノとは異なるカオスなLinux。

LightDM設定 [Linux]

VirtualBox_KonaLinux4_12_04_2017_00_12_57.jpg
KonaLinuxのログイン画面ですが、毎回ユーザ名を打ち込むのが
面倒なのです。オートログインは結局後でパスワード問い合わせが来るし。
(実はnatureOSでオートログインを設定したら、Chromium・Chrome・vivaldiを
起動するとき初回だけ「ログインキーリングのパスワードを入力してください」が
出るようになったのです。Firefox・Midori・PaleMoonでは出ません。
さらにKonaLinuxだとこの問い合わせなんて出たことが無いのです。
消し方はググれば判りますがパスワードの消去なんですよね。
本当に避けたかったのはkonalinuxでの画面ロックなんですけれども。)
そこでユーザ名は固定でパスワードのみ入力するログイン画面に
設定できないのか調査中なのです。(KDEのダウンロードが終わらなくって・・・)
仮想マシンでまずテスト。LightDM設定ファイル編集してオートログインには成功。
そう言えばユーザ設定のパスワード変更に「ログイン時にパスワードを
尋ねない」という項目がありますが、どうやれば設定できるのでしょうか。
VirtualBox_KonaLinux4_12_04_2017_01_31_15.jpg
また「ユーザ・アカウントの種類を変更」ウィンドウの縦サイズは幾つ?
画面からはみ出して下のほうが見えません。
「ユーザの高度な設定の変更」も結構長いです。

結局やりたかったのは、ログイン画面でユーザー名を入力しなくても
良い方法を探すことなのですが、Debian系のユーザ名入力が面倒
だっただけです。パスワードは入力するつもりなのですけれども。
まだLightDM設定ファイルの比較をしてなかったなぁ。

VirtualBox_KonaLinux4KDE_12_04_2017_00_53_01.jpg
3番目のKDE。インストールは4回目か。
VirtualBox_KonaLinux4KDE_12_04_2017_01_12_44.jpg
パッケージの追加で一箇所エラーが出ていたような。
VirtualBox_KonaLinux4KDE_12_04_2017_01_20_16.jpg
更新多め。
VirtualBox_KonaLinux4KDE_12_04_2017_01_23_10.jpg
KDEならワンクリックでオートログイン設定できるかぁ。

LightDM-manager使いなさいって更新情報に書いてあります。
勝手に設定ファイル書き換えて壊さないようにとのことですね。

> konalinux-4.0_i386.iso 2017-04-12 22:02 1.7G
> konalinux-4.0_x86_64.iso 2017-04-12 22:03 1.6G
無印の更新確認。