So-net無料ブログ作成

PCLinuxOS 2017.04 "MATE" [Linux]

既に日本のミラーサーバに複写されているのでisoファイルは高速ダウンロード
出来たのですが・・・。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_06_04_2017_15_25_21.jpg
日本語化出来ません。原因を調査中。
pclinuxos01.jpg
VMwareでKDE5をインストールしても同じ状態です。これは
あちら側の問題っぽい。

20:00 チェックした所大量にアップデートが来ました。これで行けそう。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_06_04_2017_20_22_38.jpg
無事コーヒータイム開始。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_06_04_2017_20_32_58.jpg
その後死亡・・・。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_04_22_04.jpg
やっと正常に言語設定できました。夜明け前だと速すぎてコーヒーを飲む
余裕すらありません。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_04_27_43.jpg
リリース情報など。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_04_29_29.jpg
IMはSCIMフルセット。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_04_31_30.jpg
フルセットは伊達じゃない。いったい何言語に対応しているのやら。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_04_44_39.jpg
それでデフォルトじゃ日本語入力できないのです。入力メソッドの選択を
実行した所パッケージが足りないらしいのです。scim-gtk3とscim-qt4を
追加すれば日本語入力できるようになりました。入ってなかったのね・・・。
scim-qt5が無いようなのでKDE5の方はテキストエディタでは使えないかな。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_04_52_45.jpg
VirtualBox使えるみたいだけど、Guest Additions入れると吹っ飛ぶし
VMwareには自動対応してるし、一体どうなっているんでしょう。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_04_58_24.jpg
もう一度砕けてみましょう。ってsudoがないのか。
VirtualBox_PCLinuxOS-MATE_07_04_2017_05_00_51.jpg
玉砕。コマンドラインからstartxしてもX serverがエラーで落ちます。
最近のはuninstall.sh入ってないぞ。

NuTyX 9.0 [Linux]

月刊NuTyXの四月号なのですが、いきなり9.0になったようです。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_09_35_18.jpg
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_09_36_51.jpg
インストーラは変わっていません。フォーマット・ファイルコピー・boot設定、
デスクトップ導入は手作業で。テキストベースでスクリーンセーバーは止めて。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_10_23_35.jpg
grab画面。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_10_24_08.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_10_24_47.jpg
起動しました。今回はMATEです。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_10_29_16.jpg
リリース情報など。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_10_35_46.jpg
言語設定はありません。キーボード設定はUSから変更できません。
タイムゾーンは問題ないのになぁ。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_17_49.jpg
さてそれではKDE5追加で。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_20_06.jpg
マルチデスクトップ対応している模様。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_21_54.jpg
KDEは日本語対応しているので日本語化可能。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_24_52.jpg
日本語化されました。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_27_25.jpg
日本語フォントが足りません。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_31_22.jpg
VLゴシックを使わせていただきます。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_36_44.jpg
rootで導入したのでシステムフォントに登録されています。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_39_13.jpg
これで日本語表示は問題なし。さて日本語入力どうしましょう。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_42_34.jpg
ちなみにキーボードもUSのままですので設定が必要です。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_46_48.jpg
iBusは有るのですけどねぇ。チェックしたらiBusもエラーの塊に
なっていて、まともに動作しておりませんでした。
VirtualBox_NuTyX_06_04_2017_11_58_48.jpg
達人はこれで。

PCLinuxOS 2017.04 "KDE" [Linux]

PCLinuxOSはisoファイルが毎月更新されていたのですが、昨年の夏から
しばらく停滞していました。今年の2月から再び活性化したようで嬉しいです。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_05_04_2017_23_57_19.jpg
iso起動。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_05_04_2017_23_59_28.jpg
Live起動。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_05_04_2017_23_59_41.jpg
何時ものインストーラ起動。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_09_03.jpg
終了。終わったのはファイルの複写とGrub設定。あとは起動後。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_11_30.jpg
終了してもLiveのままなので再起動。DVDは自動排除。
タイムゾーン設定、rootのパス入力、ユーザ登録。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_14_48.jpg
やっとログイン画面。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_16_40.jpg
起動。そしていつものようにグリニッジ時間。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_20_02.jpg
更新パッケージのチェックを済ませたら日本語化開始。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_21_22.jpg
ここから長いです。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_23_18.jpg
問題が発生しなければコーヒータイム開始。夜より深夜のほうが速め。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_30_22.jpg
いつも思うのだけれど、何故時計は手動設定なんだろう。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_32_31.jpg
再起動すれば日本語化完了。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_34_46.jpg
恒例InfoCenter。
VirtualBox_PCLinuxOS-KDE_06_04_2017_00_43_48.jpg
VirtualBox Guest Additionsを導入再起動。クラッシュ!
入れちゃ駄目なのか・・・。