So-net無料ブログ作成

siduction 17.1.0 [Linux]

siductionが17になりました。
> siduction-17.1.0-patience-kde-amd64-201703051755.iso
VirtualBox_siduction_06_03_2017_13_34_30.jpg
今回も日本語でLive起動です。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_13_37_03.jpg
起動すると小さくなります。(謎)
VirtualBox_siduction_06_03_2017_13_39_02.jpg
DebianベースでKDEなので慣れたモノ。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_13_40_48.jpg
インストーラ名がCalamaresのままですね。
もしかしてKDEだけがあのオリジナルなインストーラじゃないのかな。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_13_49_06.jpg
ログイン画面。1280×1024になってます。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_13_51_23.jpg
フルサイズで起動した。LIve起動時のサイズは何だったんだ。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_13_53_26.jpg
固定サイズですね。LiveではVirtulBox仮想マシン認識していたのに。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_14_08_10.jpg
visudoしたりupdateしたり初期設定したり。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_14_10_10.jpg
そしてInfoCenter。
なんてこった、kcm-fcitxが見つかりません。Fcitx使えません。
Debianのリポジトリには有るのに・・・。iBusも何か上手く動かない。

> siduction-17.1.0-patience-mate-amd64-201703051854.iso
MATE版で確認。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_15_25_44.jpg
インストーラは全部移行したのかな。以前のブツちょっと扱いづらかったから。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_15_28_42.jpg
判り易くなったものです。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_15_44_59.jpg
インストールしたら各種処理をして再起動。中身の確認。
VirtualBox_siduction_06_03_2017_15_58_51.jpg
Fcitx-Mozc導入。何故か微妙に状態が違うし、アイコンが表示されませんが
日本語入力に支障はありません。

antergos 17.3 [Linux]

testingに登録されているので正式版とは異なる可能性があります。
(後に正式版と比較した所、同一ファイルと確認できました。)
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_07_54_48.jpg
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_07_59_48.jpg
インストーラに変更は無いようです。壁紙がイメージじゃないけれど。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_16_41.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_18_30.jpg
InfoCenter、5.9.3ですね。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_21_22.jpg
言語設定。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_21_56.jpg
ローカルタイム設定。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_25_37.jpg
恒例行事。そしてリログイン。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_28_22.jpg
Chromiumクリア。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_31_20.jpg
Kateは制御不能。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_35_32.jpg
~/.xprofile追加。さらにリログイン。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_38_12.jpg
Kateクリア。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_41_33.jpg
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_50_58.jpg
取り敢えずLibreOfficeを導入。フォントのチェック。
インストール時に追加フォントを選択すると、NOTO Fontsが導入され
大量にフォントが使えるようになります。しかしこのセットには日本語
フォントは含まれていないため、デフォルトで導入される唯一の
Droid Sans Japanese以外日本語フォントは入っていません。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_08_58_24.jpg
用意されているのはこれだけですね。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_09_02_46.jpg
ダウンロードしたtarファイルからフォントをプレビューして導入できるのか。
展開しなくても導入できるとは思わなかった。
VirtualBox_Antergos_06_03_2017_09_06_31.jpg
インストール機能があるフォントビュアは有難いです。

> antergos-minimal-17.3-x86_64.iso
testingに追加されました。

3/7 1:00 追記
正式版が公開されました。ハッシュを確認した所、testingにあった
ファイルと一致しました。

Vine Linux 6.5 RC1 [Linux]

ついにRC-1が公開されました。
VirtualBox_VineLinux_05_03_2017_23_59_14.jpg
何処か変わっているのでしょうか。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_12_10.jpg
正常に終了。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_13_34.jpg
全自動再起動。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_14_58.jpg
ログイン画面。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_16_14.jpg
起動しました。不具合が無ければこのまま正規版かな。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_20_33.jpg
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_23_34.jpg
virtualbox guest additions自動実行無事完遂。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_29_32.jpg
増えないのです。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_32_50.jpg
接続ディスプレイを手動設定したら少し増えました。
VirtualBox_VineLinux_06_03_2017_00_37_51.jpg
メモリ消費は低め。

・3/9 RC2来てます。
・3/11 RC3も来ました。