So-net無料ブログ作成
検索選択

カレーの日

スパイシーブレンド.JPG

 2週間経ったのでカレー作成日です。今日はジャワカレーがベースです。スパイシーブレンドに付いているガラムマサラは辛口なのでデスソースは不要です。水500gに対して茄子が1.5kgくらい入ってますが、圧力掛けるので茄子の残骸は皮が僅かに見られるくらい。玉葱も大3個入れましたが跡形もありません。鳥海なめこの粘りがカレーのとろみを増してます。肉は鶏モモと豚モモです。台風の風なのか今日は涼しくて過ごし易いですね。
 近くのスーパーに「ゴールデンカレーバリ辛」が結構な数売れ残っているのですよ。早く安売りしないかなぁ。

ちょっと違う

蓮華座フフン.JPG

 ちらっと見たら愛染明王の種子に見えるかもしれませんが[hhuṃ]です。母音が長母音じゃないんです。これは五秘密菩薩の種子だそうです。愛染明王が出てくるのは、もう少しだけ先の事。

忍者HPサービス不調

 ninjya.co.jp系にアクセスできません。メンテとかは聞いていないのでスパムでも喰らって落ちているのかなぁ。現状、配布場所参には繋がらない模様です。

 普及した模様。繋がるようになりました。メンテ後に障害が出たようです。メンテしたら全てのサービスに障害が発生したらしいそうで、どんなメンテをしたのやら。

足りないもの

蓮華座アーンク.JPG

 種子集の悉曇をこつこつとベクトル化して弐式に登録している時に気が付いた。アレが無い。一向に出てこない。気になったので最後までチェックしてみた。種子集に「アーンク」なんて載っていないことが判明した。もしかしてこの時代には、まだそんな文字は存在しなかったのか?だいたい[ṃ]と[ḥ]が両方付いている時点でサンスクリットじゃないのだが、種子なんてそんなもの。一体、アーンクは何時作られたのだろうか。

電波少女

 また昔話だよ。読んでも面白くないかも。
それはもう30年以上前、大学1年の時だった。定年で勇退される分析化学の教授に、春休みに遊びに来いと誘われたんだ。実は教授の最後の授業の後、講座にサインを貰いに行ったんだよ。著書じゃないんだけど、教授が編集だか編纂だかの長をした分析化学大辞典にサインを頼んだら、随分と喜んでくれたらしい。その時、一緒にいた1回生3人が、御呼ばれする事になった。教授の自宅は大学の最寄りの駅から私鉄で3駅、私は学生寮暮らしだったので、まぁ近くだった。それで3人で訪ねると、さらに電車で移動するらしい。大阪市内のとあるビル(もう場所忘れたよ)に移動した。そこで行われていたのは、とても新興宗教っぽい集会だった。と言っても、全く宗教色は無かったんですけどね。どうも教祖(?)っぽい普通の女子大生(同い年らしい)が天界だか天上界だかにいる、天使だったか女神だったかの言葉を受信できるらしい。普段は普通(知識レベルが)なんだが、受信していると60歳の大学教授が感心するような内容を語るそうな。話している内容はカセットテープ(そんな時代)で聞かせてもらったけど、確かにあれは本人と別の知性ぽかった。その集まりでは、そんなチャネリングは無かったので実際に見る事は出来なかったけれど、教授はその天上の情報思念体(それじゃ某ラノベだ)と会話したこともあったらしい。その集会の後は教授の家で奥さんの手料理を頂いて帰ったんだ。別に怪しげな宗教団体の勧誘ってわけでも無かったのだけれども、教授はこんな人たちもいる、って事を私たちに見せたかったらしい。あの団体がその後どうなったかは、知らない。彼女も今はどうしているのだろうか。電波を受信できるなんて人物は、彼女以外に会ったことはない。

蓮華座玉量産型

蓮華座ヴァン.JPG蓮華座キリーク.JPG

 いつもの量産型です。

凄いTシャツ発見

http://www.upsold.com/dshop/store/poyochiyo/d/350836

 あの種子集の梵字を印刷したTシャツを販売しているサイトを発見。しかし、これ着て表に出る勇気のある勇者さまはいるのだろうか?
 おかげで「マカキヤラヤ」と振り仮名が振られた梵字が[Mahākālaya]と書かれていることが判明しました。確かに大暗黒天の種子のようです。

蓮華座にかんまん

蓮華にかんまん.JPG

 フォント使って作ってみました。球の中に梵字が浮いている感じを出したかったのですが、我が能力ではまだ無理の様です。フォトショの修業が足りない。

蓮華にかんまん2.JPG

 改造版!

色即是空

 フォント配布所参のURLは「siddham.shikisokuzekuu.net」です。悉曇・色即是空・ネットなんです。だったら色即是空を悉曇で書かねばなるまい、そう考えるのは当然です。しかし、玄奘三蔵法師よ「即」を何処から出した?サンスクリットの「般若波羅密多心」には色是空ならあるが、即にあたる部分が無いじゃないか!日本人の知名度で言ったら、般若心経→色即是空って連想するのが一般的なのにぃ。だから悉曇の色即是空は用意されておりません。

色即是空.JPG

 とは言うものの、これが色即是空に該当する部分です。先頭の[yad]を「即」と訳している場合が多いですが、それはその前の部分に掛かるんですよね。梵文の陀羅尼とか読んでいると[ya]の後で区切られている文をよく見ますよね。[rūpaṃ]が色、[sūnyatā]が空です。
 なんか偉そうにサンスクリットを理解しているみたいに書いてますが、騙されてはいけません。ただの受け売り。他人の知識です。

勇者現る

 いつもの無駄話ですので読み飛ばし推奨。

お盆に仏壇の前に供えてあった素麺が齧られていた事から、我が家にネズミが侵入するという事態が確認されました。田舎の古い家ですから、時々鼠が侵入して食べ物を食い荒らします。こちらも慣れていますので、3種類ほど別の会社の殺鼠剤を用意して順番に撒いて始末しています。あちらも警戒していて2種類だと食べてくれない事が多いのです。今回も、鼠にも我々にも評判が良い「よく食べる」殺鼠剤を撒こうと保管場所を見たところ、非常事態が発生しておりました。殺鼠剤は不織布の小袋に入れられた物10袋ほどが、チャック付の厚めのビニール外袋に残されていました。それが食い荒らされているのです。鼠の通路に置いておいても簡単には食べてくれないのが通常、保管してあった殺鼠剤を袋ごと食い荒らすネズミなんて見た事がありません。当に勇者鼠が現れたようです。しかし、食い荒らされた後始末が大変だわいな。

子年.JPG
 えっ、この梵字の意味が判らないって?子年の守護尊は千手観音で種子はキリークです(棒読み)。